暮らしのたより

水廻りリフォーム

住まいのなかで最も老朽化の進みやすい浴室

昔も今も日本人はお風呂が大好きです。古くなった浴室を一新して明るく快適な浴室にリフォームすれば、家族全員もより快適な日々を過せることになります。日常的に大量の水を使う浴室は、住まいのなかでも老朽化が一番進む部分でもあります。

築15〜20年も経過しますと、壁や天井にカビが見られたり、タイルのヒビ割れ、水漏れ等が目立つようになれば、そろそろリフォームを考える時期でもあります。タイミングを逃がさないで浴室をリフォームすれば、快適なだけでなく、住まいの寿命を延ばすことにもなります。

浴室の全面改修には、在来工法による浴室造りとユニットバス設置の2通りの方法がありますが、家族構成や浴室スペース等にもよりそれぞれ一長一短がありますので、ご家族でよく相談、検討の必要があります。

在来工法による浴室造りの場合も、ユニットバス設置の場合も、既存の浴室を解体したら、その下にある土台や柱の部分がどのような状態であるか、全体に腐食しているか?部分的に腐食しているか?等をよく確かめる必要があります。古くなった浴室をリフォームする場合は、この点が最も大切な部分です。

微妙な部分の的確な判断には経験豊かな専門家のチェックと確かな技術が必須です。

もし、水漏れや湿気の対策がなされないままリフォームしても、後々土台や柱が腐るなどの問題が発生することにもなります。